2024年05月15日

Connected Base 電子帳簿保存法に複数書類を自動的に分割できる『自動分割』機能を追加

Connected Base 電子帳簿保存法に複数書類を自動的に分割できる『自動分割』機能を追加

丸投げ電子帳簿保存法対応サービス「Connected Base」を提供する株式会社YOZBOSHI(本社:東京都練馬区、代表取締役:藤井翔吾、以下「YOZBOSHI」)は、面倒な複数書類の分割作業を自動で行う自動分割機能をリリースしました。


■機能リリースの背景

電子帳簿保存法が2024年1月より本格施行され、取引単位で電子データの保存をする必要性が高まってきました。 1ファイル内に複数の書類(立替経費精算時や複数取引請求時など)を含むやり取りが発生し、取引担当者や経理担当などで個別管理をするために分割及び登録作業を行う負担が大きくなっています。負担軽減のため複数書類の『自動分割』機能をリリースしました。これにより、1ファイル内に複数の書類が含まれたファイルが登録された場合、書類の分割・書き起こし・ファイル名変更・ファイルの配置までが自動で行われます。

■追加された機能

【分割機能のイメージ】
1ページ内に複数証憑が含まれている場合や、複数ページで複数の証憑が含まれている場合に自動的に分割切り出しが可能になります。 切り出し箇所などの適切性はオペレーターがチェックして確定するため、機械的に処理する方法に比べて高精度な切り出しを実現します。

分割機能のイメージ

■プレスリリース

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ、料金プランなどのご不明なことございましたら、
お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら